160420_Panasonic_UX_top
パナソニック株式会社は、新業務用4Kカメラレコーダー「UXシリーズ」として、「UXプレミアムモデル AG-UX180」と「UXスタンダードモデルAG-UX90」2機種の開発をNAB2016にて発表した。2016年秋の発売に向け開発中で、希望小売価格は未定。

UXシリーズは、同社の業務用AVCHDカメラレコーダー「AVCCAMシリーズ」の後継機。従来シリーズではFHD(1920×1080)までの記録だったが、同シリーズでは最大で4K(4096×2160、24pのみ)、UHD(3840×2160)での記録に対応。記録メディアは従来同様、SDメモリーカードを採用している。高倍率光学20倍ズーム、4K(4096×2160)24pとUHD(3840×2160)60p記録、デュアルコーデック記録(UHD/FHD)、IR暗所撮影、3G SDI/HDMI出力に対応した「UXプレミアムモデル AG-UX180」と、光学15倍ズーム、UHD 30p記録に対応した「UXスタンダードモデルAG-UX90」の2機種。両機種とも有効サイズ1型MOSセンサーを搭載し、従来のハンドヘルドカメラ同等の感度を実現するとしている。

--------- 以上、ニュースより ---------

う~ん、スペック的にはAG-UX180が魅力ですね。
私、カメラはCanon、ビデオ&音響機器はSony派なのですが、4Kに関しては完全にSonyがPanasonicに負けていて悲しいですね。
去年から、Panasonicが春に詳細仕様未決定のままフライング発表、秋になんとか間に合わせて出荷になっていますので、Sonyさんもそろそろ待ったをかけないと、Panasonicにユーザーを取られますよ!!

京都のほとんどの観光地とディズニーで三脚使用禁止なので、カムコーダーでなくてムービーサイズが欲しいのですが・・・
UHDでいいので、60p、(35mm換算)テレ側600mm以上、1型MOSのムービー出してくれませんかね、Sonyさん。
要は、FDR-AX100の後継機ということなのですが、Sonyさん頑張って!!