ネット上の評判では、一番壊れにくいハードディスクのメーカーは、HGSTとされています。
パソコンを自作するようになってからは、ハードディスクは消耗品というイメージが強くて、今まで、あまりメーカーを意識しなかったのですが、その時はHGSTのドライブに拘って購入しました。

それは、去年の11月18日ですから、まだ半年も経っていません。
それが見事に信用を裏切って、不調になってきてしまっていました。

PCを起動して、2~3時間くらいしてドライブが熱くなってくると、突然OSから見えなくなるのです。
再起動しても何をしても、時にはリムーバブルディスクとして認識したり、完全に見えなくなったり。
ところがハードディスクが冷えると正常に動作するのです。

最初は、高温になると接点部分が膨張して接触不良するのか?と思って、電源コードを入れ替えたり、SATAコードを入れ替えてみましたが、やはりドライブが熱くなったころにドライブが隠れん坊を始めてしまいます。
熱がこもるのかと思って、2個の外付けHDDケースに移し替えてみたのですが、現象が改善しません。

うーん!!容量が大きければ大きいほどハードディスクが不調になった時のダメージが大きくなるのが普通なので、バックアップ用に一番安心していられるHGSTと思いきや・・・
まあ機械物ですから当たり外れがあるのは仕方ないのですが、半年で不調になるのは痛いのが本音です。
P01


最近こそは正規流通品を買うことが多くなってきていますが、今までは、値段でバルク品を選ぶことが多い私は、あちゃ~~!!外れを引いた!!状態でした。
パッケージ品だったことを思い出して、amazonの購入履歴を調べてみますと、そこには【3年保証】の文字が・・・
(箱の裏面にも、3年保証の記述が)
P02


早速、amazonにチャットサポートをしました。
ちょっと話はそれますが、日本の良き伝統の、販売店(購入店)に持っていって不具合内容を伝えると、受け取り伝票を切って販売店(購入店)が販売ルートの逆ルートを通して、メーカーに送り返して保証対応してくれるという販売方法はもう時代遅れになったのでしょうか?

まだ、近くのヤマダ電機とかエディオンとかですと修理受付コーナーがあるので、そういうことをやっていると思うのですけど、不思議なことにamazonのサポートのCSは結構高い水準を推移しています。
30日を超えたら、完全にノーサポートというamazonのCSが受けいられているというのは不思議な感じもしますが、ドライブレコーダーのときも、CPU切替機の時も、そしてHDDの今回も、メーカーや販売店と直にやりとりしてきました。

当然のことながら、チャットの案内はamazonの保証期間(30日)が過ぎているので、メーカー保証になるので、(5月2日というGW真っ只中)連休期間ですが、メーカーに問い合わせて下さいとの予想通りの回答でした。
(やっと話が元に戻りました)
メーカーに電話をかけてみましたが、当然のことながらただ今営業時間外となっていますの録音メッセージ。


先日のLenovoのサポートは、私の人生史上最悪のサポートで、レノボのパソコンはどんなに安くても2度と買わないと心に誓ったほどタチの悪いサポートを受けた直後でしたので、まあどんな対応でも受け入れられそうです。
(半年も経たずに体調を崩し始めたHGSTの3TB)
P03


ということで、連休が明けたであろう今日(5月6日に)、HGST-Japanに電話をかけてみました。
男性オペレーターに、S/NとP/Nを伝えて(2回検索をかけてもらったのですが、そのS/Nは見つからないと言われた時は、正直焦りましたが)オペレーターさんのミスだったらしく、3回目の検索で無事に保証期間内であることが証明され、症状と経過を説明した後に、OSの質問があり、Windows8.1と答えると、交換対応させてほしいという回答が・・・

結果、PCでオペレーターさんの言われるように操作(住所/氏名/電話番号を入力)し、無事に手続きが終了しました。
発送は、シンガポールから国際便なので少々時間がかかるとのことと、返却時の送料だけ負担して欲しい旨の説明(レノボの最悪サポート対応後なので、何でも受け入れらる)があり、無事終了。

購入して数年経って読み書きのエラーが多くなってきたり、何年か使わないでいると認識しなくなったりするエラーは経験していますが、久々に、HDDのトラブルに遭遇しました。

バックアップ用ディスクとはいうものの、3TBが消えると不便なので、最近よく買っているシーゲイト社の3TBをすぐに購入
P04


箱の中身は、バルク品とよく似たパッケージですが、バルク品と違うのは、正規代理店保証付きのシール
(今回、初めてよく読んでみましたら、工場出荷時から保証期間がスタートすると書かれています、イコール買った日は関係ないということなんですね)
P06


シーゲイトの3TBのハードディスク
P07

このブログを書いていて思い出したのですが、その昔、PC-9801ns用の緑電子のHDDがたまに認識しなくなるエラーに遭遇したことがあります。
購入して、ちょっと使ってエラーを何回か経験したのですが、お店に持ち込んでもエラーが再現しなくて、中古で下取ってもらって差額を払って、20GB→40GBにしたのを覚えています。

私が最初にパソコンを購入したのが、マイコンショップ川口というお店でした。
当時は、社内ローンで50万円を借りてそのお金をもって、自動車で何時間かけてショップに行ったものです。
最初に買ったPCは、NEC PC-9801ES2というパソコンで、15インチの三菱のモニターと80GBのHDDと、メルコの内蔵メモリー3GBと、外部メモリー4GBを買って、50万円でお釣りが来なかったのを覚えています。
(何年前になるのでしょうか?その頃5インチのFDDが主流だった時代に、3.5インチのFDDを積んだモデルでした、3.5インチFDDモデルは、i386SX(80386SX)CPU搭載モデルしかありませんでした)

マイコンショップ川口・・・をネットで探してみましたら、中古ショップに転身され、その後の2006年7月で閉店してしまったのですね。
うろ覚えですが、兄弟で経営されていて、女性の店員さんがいて、『今、機械を持ってきます!』って言っていたのを覚えています。

パソコンを取り扱っているお店そのもを探すのが大変な時代でしたので、マイコンショップ川口は最初の頃は結構お世話になっていました。