ディズニーの魔法の王国がミドルキングダム(中国)に参入する準備を進める中で、中国一の大富豪は自国の子供たちの心――そして親たちの財布――をめぐってミッキーマウスと戦う態勢を整えた。

china

 億万長者の不動産王で、不動産・エンターテインメント産業のコングロマリット(複合企業)、大連万達集団(ワンダ・グループ)会長の王健林氏は、新しい子供向けテーマパークに対する30億ドルの投資が、富を手に台頭する中間層を大勢呼び込むことに賭けている。

 中国南部の南昌市に先月末オープンした娯楽リゾート施設「ワンダ・シティ」は、地元住民の嗜好を満足させる自らの強みに期待する。同施設は、獅子舞と、地元の共産党幹部のお決まりのスピーチの式典をもって開業した。アトラクションには、中国で最も高くて長いジェットコースターや、中国の茶器一式を思わせるよう設計されたショッピングモールなどがある。

■「虎はオオカミの群れにかなわない」
 一方、世界最大のエンターテインメント企業であるディズニーも、レジャー活動を渇望する中国に賭けている。中国本土初となるディズニーランドのリゾート施設が6月16日に上海でオープンする。政府が所有する企業3社と組んだ、総工費550億元(約8800億円)の合弁事業だ。

 ディズニーは自社の世界的なヒット映画が、感受性の強い子供たちと子供に甘い親を呼び込むことに注力している。新たなテーマパークは、「カリブの海賊」や、「アイアンマン」「アベンジャーズ」といったスーパーヒーロー映画に基づくアトラクションを呼び物にしている。

 中国の1人当たりの所得はこの30年ほどで20倍に拡大しており、ディズニーは中国全土から観光客を呼び込むために、2013年のヒット映画「アナと雪の女王」に登場するエルサとアナをはじめ、世界的に認知されたキャラクターを活用している。

 だが、米フォーブス誌の推定で340億ドルの資産を持つ王氏は、知名度とアニメキャラクターにおけるディズニーの恐るべき優位性を恐れていないと言う。ワンダは、中国各地に比較的安いテーマパークを多く開発する計画だ。豪華な休暇ではなく、手軽な週末の日帰り旅行を求めている都市部のホワイトカラー労働者を呼び込むのが狙い。

 「ミッキーマウスとドナルドダックが興奮を生み出した日々は過ぎ去った」。王氏は先月、国営中央テレビでこう語った。「虎1匹は、オオカミの群れにかなわない。上海にはディズニーが一つ。ワンダは中国全土で15~20のワンダ・シティを開業する」


 中国の娯楽コンサルティング会社、芸恩諮詢のパートナーを務める侯涛氏は、有名なキャラクターのおかげで、ディズニーは地元のテーマパークに対して「紛れもない優位性」を持っていると指摘する。

 さらに「ディズニーのテーマパークは、中国の消費者が自分や子供のお気に入りのキャラクターを見るためにプレミアム価格を払ってもいいと思うほど特別だ。地元のテーマパークはそれより劣る体験しか提供できず、多くが画一的だ」と付け加える。

 テーマパークのチェーンは、既存のアトラクションの維持だけでなく、毎年毎年顧客を呼び戻すために定期的に新しい乗り物を導入することに莫大な資金をつぎ込む。そのために必要な潤沢な財源を持った企業だけが持てるものだった。

 米国では、ディズニーや、「ユニバーサル」ブランドのテーマパークチェーンを保有する米ケーブルテレビ大手コムキャストが大手どころだ。だが、ディズニーは数年連続でインフレ率を上回るペースでチケット料金全般を値上げしてきた。もしこれでディズニーランドが中間層の親の手の届かない場所になったら、持続不能になるパターンだ。

 同社は今、全体的な入場者数を増やし、季節要因の混雑を緩和するために、1年のうち比較的客の少ない時期に安価な「オフピーク」料金を提供することを検討している。

 中国では、ディズニーのチケット料金はワンダ・パークの2倍する。週末の入場料はワンダ・パークの248元(約4000円)に対し、ディズニーの499元(約8000円)と高額だ。

 王氏のテーマパークは、値ごろなだけでなく、地元中国の文化と環境に適応できるとふんでいる。もっとも、最近、ワンダ・シティを歩いていたら、大喜びする観客が映画「スター・ウォーズ」の突撃隊のキャラクターと並んで写真を撮っている姿が見られた。最近、ワンダ・モールで白雪姫のコスチュームを着た女性が見つかったとして、ディズニーは法的措置を講じると述べている。

■中国独特の体験目指す
 ワンダ・シティは中国独特の体験を生み出すことも目指している。観客は、ワンダ・モールのフライトシミュレーターで江西省の上空を飛んだり、ウオーターパークでドラゴンボートに乗ったり、高さ10メートルの竹林の間をぬって遊歩道を進み、木製の中国一長いジェットコースターにたどり着けたりできる。

 施設では、例外なく3人連れのリゾート案内人があちこちで笑顔を振りまき、小さなカフェやビュッフェ式レストランで働いていた。「ワンダは私の信念を反映しています。それは中国全土の家族に幸福をもたらすことです」。若いツアーガイドのツォウ・ジアリさんは、笑顔を絶やさず、こう語った。

 巨大エンターテインメント企業2社の競争が、資金不足に苦しむ中国のテーマパーク産業を活性化させれば、両社にとってプラスのはずだとアナリストらは話す。これまでは、中国の消費者はアトラクションに大金を使うのに消極的だった。香港の野村証券で中国のエンターテインメント産業を分析するリチャード・フアン氏によれば、中国人がテーマパークに費やすお金は1人当たり年間たった3ドルで、米国は58ドルに上るという。

 観光会社トーマス・クックの中国事業でゼネラルマネジャーを務めるレト・ヴィルヘルム氏は、国民の休日を増やし、高速鉄道を増設する政府の計画からもディズニー、ワンダ両社は恩恵を受けるはずだと指摘する。

 中国のテーマパークに対してコンサルティングを行うリウ・ジャオフイ氏は、主に経営がお粗末なために、中国のテーマパークの70%が赤字だと推計しており、「ディズニーの利点は、まともな経営をこの産業にもたらすことだ」と言う。

 「質の高いテーマパークがあると、景色はまるで変わってくる。供給が需要を生むからだ」。フアン氏はこう述べ、ディズニーが香港にテーマパークを開設したとき、近くのアトラクション施設、香港海洋公園(オーシャンパーク)は顧客を失うことを懸念したが、実際には入場者数が増えたと指摘する。



By Yuan Yang in Nanchang and Murad Ahmed in London and Charles Clover in Beijing
(2016年6月7日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)