エンドミル

『エンドミル』ってご存じの方が少ないかもしれませんが、検査とか設計や製品技術に携わっていた私は、実際に使ったことはありませんが、加工しているところや、何をする物なのかは知っていました。

4KハンディカムのSony FDR-AK55 を買ってちょうど1ヵ月が経ちます。
その間に、フードを作ったり、リモコン三脚を組み立てたり、バッテリーを追加購入したりしていたのですが、価格コムに書き込みをしましたら、あるお方からケラレが出る状況を教えていただきました。

試してみますと、確かに『ケラレが出ます!』やばい!!
ということで、レンズフードの追加工をすべく、エンドミルをamazonで注文

ところが
・10月12日注文(10月15日~10月29日の間にお届け)
・10月13日出荷連絡
・10月29日届きません

しびれを切らせて、別のエンドミルを
・10月29日注文(amazonの倉庫に在庫品なので翌日お届け品)
・10月30日届きません
・10月31日に届きました。

それが、こちら

P1150067



実際のエンドミルは

中身はというと、これだけ、そうこれがエンドミルです。

P1150081

以前、近くのホームセンターに行ってエンドミルを探してみて、置いてないので、大きなホームセンターの『ジョイフル本田』に行って、妻に『ドリルと同じようなもので先端が平らになっているものを探して』・・・と説明したら、近くで聞いていたおじさんに不振そうな顔をされたことがありました。

結局見つけることができずに、店員さんに『エンドミルはどこに置いてありますか?』とお訊ねしましたら、一言『エンドミルは注文です』・・・はい、終了。



その当時は・・・

そのときに帰ってきて、amazonで調べてみましたら、1本、1,000円以下のものは見つけることができずに、結局あきらめた経験があります。



現在はというと

今回、ふたたびエンドミルを探してみましたら、結構amazonにあります。
安いものは、数百円から・・・
調べたら、どうも中国製の物らしいですが、中国から仕入れてamazonに出品している人がいるらしいです。
色々と調べましたら、中国から直送で1週間~2週間納期で以前からあったらしいのですが、amazonに出品するようになったのは、どうもここ1年くらいのようです。
日本のメーカー製のものは、相変わらず1本で1,000円以上とか、セットで2,000円以上のお値段です。



ドリルとエンドミル

一見、ドリルの歯と似たような感じの、エンドミルの歯ですが、いったいどこが違うのでしょう?
ドリルの歯は先端が尖っていますよね、一般的に金属用の物は120°の角度があるのですが、エンドミルには先端が平らです。

ドリルは、先端に歯が付いているので、前に切削していくのがドリルです。
エンドミルは、横の溝に歯が付いていて、横方向に切削していくのがエンドミルなのです。

P1150074

ドリルにもらせん状があるけど・・・それ、私も子供の頃に父に聞いた覚えがあります。
ドリルのらせん状は先端で削った削りかすを逃がすような溝なのだそうです。
(父の知識が正確で、私の記憶が正確なら・・・)



今回は何をした?

今回は、このエンドミルを使って、FDR-AX55用に作ったフードのケラレをなくすために、フードの内側を斜めに削ったのです。

これで、ケラレのでないフードが完成しました。
色々と試してみましたが、試した範囲ではケラレがでないようです。
本来は、ここで完成したフードの写真を・・・と、思っていたのですが、亡き父に見させると笑われるような完成なので、今回は、写真の掲載をやめることにしました。

これで実際に使ってみようと思います。




このブログを書いているうちに、価格コムを見にいきましたら、ここ2~3週間ほどFDR-AX55がビデオカメラの満足度ランキングの1位に輝いています!!

満足度

ふと、目をやりますと・・・う、う、買った時よりも値段が下がっている!!